ソーラーカーポート

ソーラーカーポートソーラーカーポートに興味がある方、再生可能エネルギー導入を検討されている企業のご担当者様がこのページを見られているかと思います。しかし、再生可能エネルギーの導入にはどんな方法があって何をすればよいか悩まれているのではないでしょうか? 

弊社は、再生可能エネルギー導入を太陽光(太陽光発電)導入で企業様のお役に立てるのではないかと考えています。
私たちの信念、「自家消費型太陽光発電システムの普及を通じ、環境にやさしい未来を創ることに貢献したい。」にもつながっています。

空地での太陽光発電導入は進み、未開発適地は減少しています。また、建物屋根上だけでは十分な再エネ電力を得られない場合があります。
そのようななか、駐車場に設置できるソーラーカーポートに注目が集まっています。

ソーラーカーポート

ソーラーカーポートに興味がある方、再生可能エネルギー導入を検討されている企業のご担当者様がこのページを見られているかと思います。しかし、再生可能エネルギーの導入にはどんな方法があって何をすればよいか悩まれているのではないでしょうか? 

弊社は、再生可能エネルギー導入を太陽光(太陽光発電)導入で企業様のお役に立てるのではないかと考えています。
私たちの信念、「自家消費型太陽光発電システムの普及を通じ、環境にやさしい未来を創ることに貢献したい。」にもつながっています。

空地での太陽光発電導入は進み、未開発適地は減少しています。また、建物屋根上だけでは十分な再エネ電力を得られない場合があります。
そのようななか、駐車場に設置できるソーラーカーポートに注目が集まっています。

ソーラーカーポートシステムで駐車場を最大活用

駐車場の限られた面積を最大限に活用し、導入企業様の再エネ導入量の増加に貢献すべく開発された、独自の大型屋根構造で、駐車場での発電量を最大化させるソーラーカーポートシステム「Roofill(ルーフィル)」

ソーラーカーポートシステム「Roofill(ルーフィル)」の特長

  1. 独自の大型屋根構造で、駐車場での発電量を最大33%増加
  2. 京セラ製太陽光パネルを搭載したソーラーカーポートで、生涯発電量を約12%増加
  3. 分散型システム設計で、レジリエンス性を強化

*駐車場形状によりアップ率は異なります(京セラ株式会社様調べ)

再エネ導入量をもっと増やしませんか?

1)独自の大型屋根構造で、駐車場での発電量を最大33%増加

太陽光パネルの設置枚数を増やした大型屋根構造により、1台分の駐車スペースにおける発電量を最大33%増加※1させることに成功しました。同じ駐車面積でも、一般品と比較して発電量を増加でき、CO2排出量の削減につなげます。なお、カーポートの架台には大型屋根を4本の鋼製の柱で支える設計を採用することで設置時の強度を担保し、利用者の安全を確保しています。

ソーラーカーポート比較

長期にわたり再エネ発電量を増やしませんか?

2)京セラ製太陽光パネルを搭載したソーラーカーポートで、生涯発電量を約12%増加

市場設置品には、メーカーが提示する一般的な出力保証線よりも早く劣化する太陽光パネルが少なからず存在※4しています。年劣化率が0.5%異なるだけで、30年の総発電量に約12%の差が出る試算となります。京セラは独自の封止材を採用するなど、太陽光パネルの劣化率の抑制と長寿命化を実現しており、「Roofill」は長期にわたり安定して発電します。
さらに、パネル一体型ソーラーカーポートの設置には、建築基準法で一定の防火基準である飛び火認定の取得が求められる場合もありますが、「Roofill」はUR認定を取得しており、安全面にも配慮しています。

出力劣化状態

災害時や停電時の電力供給を確保しませんか?

3)分散型システム設計で、レジリエンス性を強化

「Roofill」は8台、6台、4台用のカーポートユニットを組み合わせ、お客様の土地に適した配置にすることで、その土地での最大の発電量が確保できます。
また、カーポートユニットごとに分散したシステム設計も可能であり、独立した発電・送電により、災害時など万一システムが停止した際のレジリエンス性を高めることや、影などの影響に配慮した設計も可能です。これにより稼働時の発電ロスを最小限に抑えます。

カーポートユニットを組み合わせ

まずは一度、下記のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ソーラーカーポートお問合せ

ソーラーカーポート関連情報

目次
ソーラーカーポートとは?
メリット・デメリットは?
補助金は使えるの?

ソーラーカーポートとは

ソーラーカーポート

「ソーラーカーポート」とは、カーポートの屋根として太陽光発電パネルを用いるもの(太陽光発電一体型カーポート)、あるいは、カーポートの屋根上に太陽光パネルを設置するもの(太陽光発電搭載型カーポート)を指します。

カーポートを設置することで、駐車場の駐車スペースを確保したまま、駐車場の上部を利用した太陽光発電を実現できます。

(環境省「ソーラーカーポート導入について」より画像を引用)

ソーラーカーポート*環境省「ソーラーカーポート導入について」より引用

「ソーラーカーポート」とは、カーポートの屋根として太陽光発電パネルを用いるもの(太陽光発電一体型カーポート)、あるいは、カーポートの屋根上に太陽光パネルを設置するもの(太陽光発電搭載型カーポート)を指します。

カーポートを設置することで、駐車場の駐車スペースを確保したまま、駐車場の上部を利用した太陽光発電を実現できます。

 

ソーラーカーポートのメリット・デメリット

メリット

  1. 駐車スペースを有効活用できる
    カーポート上にパネルがあるので、駐車スペースはそのまま利用できます。
    さらに、雨・雪・鳥の糞・黄砂などの自然災害や、日差し・紫外線などから自動車を保護することができます。

  2. 電力会社に支払う電気料金の削減
    各電力会社の電力料金はますます高くなっています。
    自家消費し電力会社に支払う電気料金の削減することで、電気料金上昇リスクの低減することができます。

  3. 災害時などのBCP対策
    災害や停電時に電気が使えます。
  4. 地球環境への貢献
    CO2排出量の削減による地球環境への貢献することができます。
    国際イニシアチブ(RE100)へ活用ができます。
    *RE100…化石燃料や原子力に頼らない発電を目指こと。

デメリット

  1. 初期費用が高い
    通常のカーポートに比べると、太陽光パネルはもちろん架台や設備も必要になるため費用が掛ります。
    発電した電気を売電した場合や自家消費することも含め、導入前に検討が必要になります。

  2. 建築確認申請が必要
    設置工事を行う前に、建築基準法に基づく「建築確認申請」が必要となります。申請の許可を受けなければ工事を進めることができません。
    ※建築確認申請は弊社にて対応可能です。

  3. 固定資産税の対象
    企業が導入する場合は、事業用として分類され固定資産税の対象となります。

※デメリットの項目に関しては弊社へご相談ください。

ソーラーカーポートに補助金は使えるの

対象の補助金はありますが、申請期間・条件等の制限がありますのでご確認ください。

【環境省】
・二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
 └再生可能エネルギー事業者支援事業費(一般社団法人環境技術普及促進協会) 
◎詳細は細かいので掲載しておりませんが、補助金の内容を簡単に表すと、
 「駐車場を利用して自家消費型ソーラーカーポートを導入する民間企業や法人が対象で、補助対象経費の3分の1が補助額」

 

対応可能エリア

東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/栃木県/群馬県/福島県/新潟県/長野県/山梨県/岐阜県/愛知県/滋賀県/静岡県

お問い合わせはこちらから